お洒落に変身!古い倉庫街の活用いろいろ!

admin

海外では古い倉庫が住宅に?

時代の移り変わりと共に、大型で老朽化した倉庫の建物が利用されることがなくなってきました。建替えもされずそのまま、治安も悪くなる、人が寄り付かなくなる、そんな建物に目をつけたのはアーティストの人達でした。高い天井や古くて味のある建物に惹かれ、アトリエにしたり、改装して住居にしたりする人が増えて、町も魅力と活気を取り戻したという例がたくさんありますよ。古い建物を取り壊さなくてもそんな素敵な利用方法があるのですね。

日本では観光地になっているところも

古い大型の倉庫街は、その建物の美しさと立地で多くの人を惹きつけることに成功していますよ。海の近くや運河沿いに立ち並ぶ倉庫は、その景色の良さを利用して、ショッピングセンターやレストランなどが入る商業施設に変貌を遂げています。様々なイベントなども行われていますよ。一時は老朽化に悩まされて利用方法や解体するかどうか困ってしまったこともあるかもしれませんが、今では立派な観光地になっている古い倉庫街はたくさんありますよね。

美術館や博物館に転用されることも

それでは、ショッピングセンターやレストランに利用するほかに、どのような利用方法があるのでしょうか。昔の倉庫はとても大きな建物であることが多いので、解体費用を捻出するだけでとても大変なことですよね。それでも、建物の外観が美しく、ある程度の改装費をかけてでも保存したいという地元の要望がある古い倉庫は、美術館や博物館などに転用されていることもあります。広いスペースをうまく使った転用方法だとおもいませんか。

3PLとは、サードパーティーロジスティックスの略称であり、物流機能の一部を第三者の会社に委託し、コストを下げることです。効率的な物流を第三者目線で提案して貰い、コストカットを目指します。