基本を学ぼう!パソコンの大容量データを他の端末に転送する方法

admin

クラウドストレージサービスを使う

パソコン内の動画データを残すためには大容量のハードディスクが必要になるため、溜まってきたデータは他の端末に転送して保存することが必要になります。最近はクラウドストレージのサービスが充実しており、アカウントを作るだけで無料で大容量データをアップロードすることが可能になっています。一旦クラウドストレージに保存したデータは他の端末でアクセスしてダウンロードすると、簡単に転送作業が済みますので手軽に操作ができますよ。

メディアを利用して転送する

大容量データを転送する際は、DVD-RやDVD-RWなどのメディアに一旦書き込んで他の端末に取り込むという方法もあります。メディアにデータを書き込みさえすれば、保存しながら別の端末に転送することも可能になりますので、安心して作業することができますよね。最近の端末は書き込み処理速度が速くなっており、データ移行をする時でも手間がそれほどかかりませんので、スムーズに転送作業が進みますよ。定期的にパソコンのデータは整理しておきましょう。

専用ソフトを使って転送する

大容量データを転送するための方法には、クラウドストレージやメディア書き込み以外にも、データ転送用の専用ソフトを利用することでスムーズに転送が可能になっています。専用ソフトを利用すると、パソコン間をケーブルで繋ぎ、デスクトップ上で転送したいデータのみをドラッグアンドドロップで簡単に移行できるため、パソコン初心者でも簡単に操作が可能です。異なるOS間でも問題なく対応しているソフトが充実していますので、操作もとても楽ですよ。

大容量ファイルの送信は、通信回線やパソコンのスペックによっては非常に時間がかかる場合があります。そのため、大容量ファイルを送信するなら、ファイルを圧縮してから送信すると時間の短縮をすることができます。