コンビニのフランチャイズ加盟について!その魅力とは

admin

誰にでもできる起業になります

言い方がよくないですが、コンビニのフランチャイズ事業での起業は意外と誰にでもできます。そもそもフランチャイズと言うのは誰にでもできるようにしているからこそ、価値があります。わかりやすい例がコンビニであり、お客は直営店なのかフランチャイズなのかがまったくわからないです。それはサービスに違いがないからです。すべてのフランチャイズ加盟店、直営店で基本的に同じサービスを提供しているからこそ、起業がしやすいわけです。

それはすべての仕事を

コンビニの仕事は分厚い数冊のマニュアルによって、完全に文章化されています。これは大抵のところでバックヤードに置いてあり、従業員はいつでも見れるようになっています。非常に仕事はしやすいようになっています。但し、どんどんコンビニはサービスが多様化しているので、すべての業務を熟知している人は実は少ないです。それでもPOSで確認もできるようになっています。いざその業務をする時にはPOSで手順が表示されるようになっているので心配無用です。

コンビニは意外と商圏が狭い

コンビニエンス、とは便利と言う意味であり、一時期、物凄く流行ったことがあります。しかし、今ではまさに飽和状態です。コンビニは商圏が非常に狭いことでも有名です。半径で言えば、立地次第ではありますが150メートル程度になります。それでもこれはどんどん小さくなる傾向があります。しかし、客単価も高くなっています。サービスも多角化していますから、集客力自体は強くなっています。フランチャイズで始める価値はしっかりとあります。

代理店はメーカーや仕入先と直接代理契約を結んで、一定の範囲の権利や業務を受けます。そしてメーカーなどから手数料を取るかたちで利益を得ています。